手作りも出来ちゃう?ロールスクリーンの魅力

ハンドメイドでオリジナルのロールスクリーンを作ってみよう

ロールスクリーンのデザインや素材の良さなどにこだわりがある時には、既製品では物足りないことがあるため、生地から手作りをしてみると良いでしょう。特に、家庭用の洗濯機で水洗いができるロールスクリーンは、家計の節約の観点からも大きな魅力があり、部屋の明るさや窓の大きさなどに配慮しながら、ロールスクリーンのイメージを決めることがおすすめです。
ロールスクリーンに適した素材としては、肌触りの良いコットンやシルクなどがありますが、耐久性の高さを重視したい時には、化学繊維の良さに目を向けることがポイントです。また、厚みのある素材を選ぶことで、直射日光を避けるという本来のロールスクリーンの目的も果たすことができます。

ロールスクリーンとブラインドのどちらを選ぶべきか

ロールスクリーンとブラインドは、一見して同じようなシルエットですが、ロールスクリーンはカーテンのような素材が使われることが多く、温かみのある印象を好む人に向いています。一方、ブラインドはアルミや竹など、丈夫な素材のすっくりとした印象を好む人におすすめです。こうしたインテリアは、遮光性の良しあしだけでなく、デザインや寸法などに気を配ることで、リビングの環境の改善に役立ちます。また、ロールスクリーンとブラインドを部屋の間取りや明るさなどによって使い分けることにより、統一感のある部屋作りができます。もしも、自分好みのカラーや素材の種類を選びたい時には、インテリアショップなどで展示品の特徴を必ず確認しましょう。