知ってた?ロールスクリーンには色んなタイプがあるんです

機能もデザインもさまざまなロールスクリーン

シンプルな窓回りを実現できるロールスクリーンは、インテリアとしても、知的なお部屋にしたい時などにピッタリのアイテムです。
ロールスクリーンの種類としては、機能ごとに挙げることができます。例えばバネ式やプルコード式であれば、ヒモを引けば巻き戻っていくため、簡単に開けることが可能です。また、コード式・チェーン式であれば、チェーンの回転に合わせて開け閉めの加減が可能で、サイズの大きい窓に向いています。
また、ロールスクリーンそのものの風合いの幅広さも、注目したい点です。ホワイトなどパステルカラーといった洋室向きの雰囲気はもちろん、天然素材を採用することで和室に溶け込むタイプのロールスクリーンもあります。

ロールスクリーンとブラインド、気になる使い分け方は?

オシャレな窓回りの遮光アイテムとして愛用されるロールスクリーンやブラインドですが、どのように使い分ければ良いのでしょうか。
例えば、眩しい時などに光の入り方を簡単に調節できるのがメリットのブラインドであれば、気を付けたいのが各羽根のお掃除です。枚数が多く、気が付けば埃が溜まりがちになるという場合には、気軽にお掃除ができるように、埃取りアイテムをパッと手に取りやすい場所に置いておくのが便利です。
そして、そういった細かいお掃除が不要となるのがロールスクリーンです。お部屋を明るくしたい時には開けることになりますが、人目など、プライバシーが気になる時には、窓そのものを擦りガラスにできるシールなどを使ってみるのもいいでしょう。

ブラインドの通販では、素材や機能性、デザインなどが異なる豊富な商品が揃っており、希望条件に応じて自由に選べます。