ロールスクリーンとカーテンの違いは?

ロールスクリーンの特徴は

部屋によってはロールスクリーンにするかカーテンにするか迷う場合があります。両方とも閉めてしまうとかなり面積があるので、部屋の印象も変わってきます。
ではロールスクリーンとカーテンはどう違うのでしょうか。
まず、ロールスクリーンは取り付けがとても簡単で、突っ張りテンションバーの器具を買ってすぐに取り付けることができます。ネジがいらないので特に賃貸家屋の場合は、部屋に傷をつけるのを気にしなくて設置できます。カーテンより比較的安価で、替える時に大きく出費しないのも大きい魅力でしょう。
ロールスクリーンは重量感がないので部屋がすっきりし、プリントがしてある時はその柄もきれいに見えてインテリアの一部にもなります。
また水平に上下するので日光をさえぎりたい時は、微妙に調節できるのがカーテンと違います。
ロールスクリーンは仕切りや目隠しの要素が強いので、小窓や室内の間仕切りが適しているでしょう。

カーテンの特徴をあげてみましょう

カーテンは一般的には布でできており、ロールスクリーンより遮光性や外気の遮断性が優れ、室内の冷暖房率も上がり、電気代・灯油代などの光熱費を減らすことができます。また布が音を吸うので、カーテンを閉めることで遮音性が高まります。外と大きく接する窓はカーテンが適しているかもしれません。
カーテンは閉めるとその柄や色が大きく広がるので、部屋の印象を左右しますが、移動の多い場所だとロールカーテンはいちいち上げ下げするのに比べて、カーテンのほうがサッと引くだけなので行動がしやすいでしょう。
ただ取り付けには手間が掛かります。窓が大きければ業者に頼んでカーテンレールをつけてもらう事になりますし、既製品でなければ布を選び、その発注や仕上がりにも時間が掛かり、値段もロールスクリーンよりだいぶ高価になるでしょう。カーテンを替えるとなるとまた一仕事になります。

木製のブラインドは、独特の温かみを感じられる点が魅力で、室内をよりお洒落な雰囲気に演出したい場合には最適です。