ロールスクリーンのメリット、デメリット

おしゃれな部屋と言われたい!

友達を招待した時に「おしゃれなお家だね~」と言ってもらえたら皆さん嬉しくないですか?
どうしたらおしゃれな家になるのか…観葉植物や雑貨など置物をおいて飾る!!壁紙を変えて雰囲気をだす!!家具選びなどもおしゃれな家にするポイントだと思います。しかしそれだけではありません。
ほとんどの部屋には窓がついていませんか?その窓につけるカーテンも大きなポイントのひとつです。
窓にカーテンをつけるのは一般的です。カーテンもたくさんの種類があるのでカーテンひとつで部屋の雰囲をガラッと変える事ができます。しかし、ありきたりで平凡だと私はおもいます。そこで、おしゃれアイテムとしてロールスクリーンをつけて見るのはどうでしょうか?
ロールスクリーンにもカカーテンと同様、種類はたくさんあります。遮光や仕切り、インテリアとして飾るなど様々な用途もあります。

ロールスクリーンで模様替え!

メリットとしては、部屋をすっきりとみせてくれる事です。カーテンは開けても、束が見えてしまうのでどうしても重たい印象を受けてしまいます。ロールスクリーンはスッキリと開放感をもたらします。そしてカーテンがつけられない細い窓にもつける事ができます。また窓につけるだけでなく仕切りとしても使えるので、空間を仕切る事で生活感を隠す事ができるのも良い点のひとつです。
デメリットとしては、巻き上げた時に一方向にずれてしまう場合があり、巻き直しをしなければいけないという面倒くさがあります。また、風が吹いた時に窓枠にウエイトバーがあたりカンカンと音がなる事です。上にあげていれば問題はないですが、遮光や目隠しができません。そして出入りをする窓につけた場合、背の高さまであげて出入りをしないといけない不便さもあります。
メリット、デメリットを踏まえロールスクリーンで部屋の模様替えをしてみるのも良いのではないでしょうか?

ウッド調のブラインドでは、一般的なブラインドと比べて落ち着いた雰囲気を演出できる点が魅力で、内装やインテリアとの調和も図れます。